二重まぶた

サイトについて 二重まぶたの基礎知識 自力で二重まぶた 美容整形で二重まぶた マッサージで二重まぶた グッズで二重まぶた

二重まぶた

美容整形で二重まぶた

埋没法で失敗しないために

二重まぶたの整形手術の中の埋没法によって、失敗しないためには次に挙げる、次の事に気をつけましょう。

実は日本の制度では医師免許を持ってさえいれば、どんな人でも美容整形外科医となることができるのです。つまり、国家試験をパスしたその翌日から、美容整形外科という看板を立てたとしても、当然ですが何も問題はないのです。

そう、美容整形外科医として、全く実績が無いというような場合であっても、法律上ではなんの問題もありません。しかし、欧米の方の医師法によれば、美容整形外科医になるには二年間は、臨床試験をクリアしなくてはいけないのです。つまり、きちんとした技術が身についてから、医師を送りだしていこうということなのですね。

それでは、実績や経験がきちんとある、日本の美容外科医に埋没法をしてもらうためには、一体どのようにすれば良いのでしょう。まず、ひとつの目安として見るところは、日本形成外科学会が認めている、認定医であるかどうかということを確認して下さい。まずは、これによってある程度の技術を持っている美容外科医であるかどうかといった、判断をすることが出来ます。

そして次に、その美容外科医が今までに扱った手術がどういったものかという症例をしっかりと確認しましょう。当然なのですが、どの美容外科医であってもそれぞれが得意な手術であったり、不得意な手術なども存在するのです。埋没法であれば、今までに何度も行っているから得意な手術である、切開法なら今までに多く行ってきたなど、二重まぶたの整形手術でも医師によって変わります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 目指せ!二重まぶた All Rights Reserved