二重まぶた

サイトについて 二重まぶたの基礎知識 自力で二重まぶた 美容整形で二重まぶた マッサージで二重まぶた グッズで二重まぶた

二重まぶた

美容整形で二重まぶた

二重まぶたの手術法

二重まぶたにする手術には、埋没法と部分切開法や、切開法または眼瞼下垂手術という四つの手術方法があります。ここでは、それぞれの特徴について説明していきたいと思います。

埋没法という手術は、医療用の非常に細い糸で、まぶたの皮膚の下を、二から三箇所とめて、まぶたに折り目をつけ二重まぶたにするという手術の方法です。この手術は糸を通すだけという方法ですので、手術時間も比較的短時間で終わりますし、その後の腫れが少ないというのが特徴です。

しかし、一重に戻りやすいというデメリットもあります。ですが最近では、技術が以前より進歩してきましたので、そのような不安も少なくなっています。

部分切開法とは、七ミリほどまぶたを切開し、まぶたに二重のラインを作るために、瞼板前脂肪をそこから取り出すというような手術の方法です。ですが、最近は埋没法で開けた針穴から脂肪が取り出すことが出来るようになっているので、ほとんど行われることはなくなりました。

切開法とは、二重のラインにまぶたを切開していくことで、瞼板前脂肪を取り除いていくという方法です。この手術では、目の上のたるみまでも同時に取り除くことが可能です。メリットとしては、元の一重に戻りにくい。くっきりと綺麗なラインを作ることができる。そしてデメリットとしては、ダウンタイム(腫れ)が、術後に長引く(一週間程度)ことが多いということです。埋没法と比べると、手術費用も少し高めになっています。眼瞼下垂手術とは、まぶたを上げる筋肉が元々弱く、二重まぶたにならない方に有効です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 目指せ!二重まぶた All Rights Reserved